紅茶つれづれ

紅茶、ハーブ、健康、美容についてのつれづれ。

ビートルズカフェ

Beatles好きにはたまらないリバプール
中心街に入るとすぐ、ストリートミュージシャンのイマジンで迎えられ、歩くほどに港の風をまともに受けながら、ああ、リバプールに来たんだな、と感涙しつつビートルズのルーツをズシンと実感しました。
町中、ビートルズのテイストに溢れてますが、グッズも充実しているビートルズ館のB1にこんなカフェが!
斬新なアート感覚でいただくTEAも、また格別なお味になりそうです。f:id:norijovi:20151101143533j:plain
広告を非表示にする

ボロマーケット

ロンドンでは、あちこちでマーケットが開いてますが、ここボロマーケットは木曜〜日曜に、ロンドンブリッジで開催されている市です。
アンティークからフード、お洋服とありとあらゆる出店をあちこち覗いて、このTea 2 You でホットマサラチャイを飲んで一休み。店頭で淹れてくれて2ポンドです。
目の前で淹れる女の方の手さばきはかなり大胆かつスピーディー。1カップにティーバッグ2、お湯、ハチミツ、香辛料と次々に淹れていって、ザックリすった皮付き生姜は、生姜の繊維をまともに感じます。
テイストは、スパイスが効いてて、意外とあっさり。インドで飲むチャイは、これなんでしょうね。飲んでるうちに身体がポカポカしてきました。
店内にはWhite Teaがなんと、12.99ポンド、2for24.99ポンドの表示なんで、お店の人に聞いてみたら、フォートナムメイスンやハロッズと同じ畑の茶葉を安く提供してるとのこと。だからこそのお値段なんですね。f:id:norijovi:20150904005542j:plainf:id:norijovi:20150904005713j:plain



広告を非表示にする

ヘザーフラワー

ヘザーフラワーteaが、スコットランドのお土産屋さんにたくさん置いてありました。
イギリスやスコットランドには、ヘザーフラワーが一面に生い茂っているヒースランドと呼ばれる広大な荒地があるということ。
ヘザーフラワーは、美肌、美白、膀胱炎や疲労回復など効能は多岐にわたり、ヨーロッパの人々には長く親しまれています。
お土産にと、ヘザーティーをたくさん買いました。それとウィスキーフレイバーティーです。
スコットランドは聞きしにまさる、とにかく降ったり止んだり、激しい雨が多くて、寒いんで、早速、ホテルでヘザーティーを淹れて飲みました。
実感‼︎ たしかに身体の芯からホワーっとしてきて、温まりましたね。f:id:norijovi:20150903020653j:plainf:id:norijovi:20150912080057j:plain
広告を非表示にする

Deacn's House Cafe

エジンバラは旧市街と新市街があって、
写真は、エジンバラ大学辺りから旧市街を望んだ所。
Deacon's House CafeのDeadonは、ジキル博士とハイド氏のモデル。Deacon Steet があるくらいスコットランドでは有名な実在の人物で、このカフェに彼の仕事場があったらしいです。
有名なカフェなのに前知識がなく、細い路地に惹かれて、ほんとに偶然に入りました。お店は混んでましたね。というか、他のヨーロッパの国の人達にとって、旅先の一番人気がスコットランドらしくて、7月、サマーシーズンだったので、街はもう観光客でごった返してました。
店内はアンティークな家具や置物がいっぱい。チョコレートケーキ、ビスケットチョコ、ミントとライムが入ったケーキ、Eearl Grey を注文しました。
ビスケットにはメレンゲが挟んであって、はじめての食感でした。f:id:norijovi:20150903002642j:plainf:id:norijovi:20150903002929j:plainf:id:norijovi:20150903003031j:plain
広告を非表示にする

スコットランドでの朝食

エジンバラでの朝食。定番のフルブレックファストには、黒くて丸いブラッドプティングが。
ブラックはブラッド。ブラッドは文字通り血です。動物の血を煮詰めて玉ねぎやハーブ、香辛料などでこしらえたソーセージで、スコットランドでは、それに麦が入ってます。
味も食感も悪くはないですけど、ブリテン人のようにパクパク食す、というわけにはいかないですね。
写真の下は、スコットランド名物のキッパー。ニシンの塩漬け燻製をグリルしてます。
ちょっと塩気は強めで、朝、紅茶で戴くよりご飯とお味噌汁が合いそう。ビールがあったら激ウマかも!
ただ、このキッパーモーニング。キッパーとパンと紅茶だけでノンベジタブル。
メニューには書いてあったけど、しっかり把握してなかったので、お皿にドンと盛られたキッパーを見て、戸惑うことしきりでした。f:id:norijovi:20150829010244j:plainf:id:norijovi:20150829010348j:plain

ミニ牛乳パック

イギリスのホテルで、最初に驚いたのは
ミニ牛乳パック‼︎
インスタントのコーヒー、ティーバッグ、シュガーとビスケットとともにミニ牛乳パックが揃えられています。
このミニ牛乳パック、常温保存ok。日本にある、いわゆるコーヒーミルクとは違ってちゃんと牛乳です。
イギリス以外では、今のところ見かけたことはないですね。f:id:norijovi:20150825073313j:plainf:id:norijovi:20150825073332j:plain
広告を非表示にする

ホテルのおもてなし

エジンバラの繁華街にほど近い、Hey market に宿をとりました。
3人で一部屋に宿泊しましたが、お部屋に入るとバスローブの上に人数分のビスケットがさりげなく置いてありました。
紅茶の国ならではの粋なはからいですね💛
f:id:norijovi:20150824064213j:plain